/

官房長官、ウクライナへのロシア軍事介入「深刻な懸念と憂慮」

菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、ロシアのプーチン大統領がウクライナに軍事介入する方針を明らかにしたことに対し、「地域の緊張を高め、国際社会の平和と安全を損ねかねないということで深刻な懸念と憂慮を表明する」と述べた。その上で「ウクライナ情勢は平和的手段によって解決することを強く期待し、さらにはすべての当事者が自制と責任を持って慎重に行動してほしい」と求めた。日本政府はモスクワなどの外交ルートを通じ、ロシア政府へ自制するよう働きかけているという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン