/

NY円、上昇に転じる 1ドル=99円台前半、米雇用統計受け

【NQNニューヨーク=増永裕樹】2日朝方のニューヨーク外国為替市場で、円相場が対ドルで上昇に転じた。1ドル=99円台前半で推移している。午前8時半発表の7月の米雇用統計で、非農業部門の雇用者数は前月比で16万2000人増だった。伸びが18万人程度との市場予想を下回り、緩和的な金融政策の正常化へ向けたハードルが高まったとの見方が浮上。円相場は雇用統計発表直前には99円台後半で推移していたが、円買い・ドル売りが広がった。

午前8時35分時点で、円相場は前日比20銭円高・ドル安の1ドル=99円30~40銭で推移している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン