/

この記事は会員限定です

インヴァスト証券・川路社長「1日18時間働き自信に」

株の街から

[有料会員限定]

インヴァスト証券は、兵庫銀行(現みなと銀行)系で昭和35(1960)年設立の丸起証券を商品先物会社経営者の川路耕一氏が買収し、再スタートした証券会社。2007年4月に「投資」と「広大」という意味の英語を掛け合わせたインヴァスト証券に商号に変更した。現在は取引所と店頭の外国為替証拠金(FX)取引が経営の柱になっているが、耕一氏の長男である川路猛社長(39)は「いずれは成長企業の上場支援などの業務に再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン