/

山形銀、CB100億円超を発行 海外融資需要に対応

山形銀行(8344)は2日、2019年満期の米ドル建て新株予約権付社債(転換社債=CB)を欧州やアジアを中心とする海外市場で発行すると発表した。表面利率(クーポン)はゼロで、発行総額は1億米ドル(100億円超)。顧客の海外進出拡大に伴う米ドル資金需要の高まりに応える。

CBには、同行の株価が転換価格を一定期間上回らなければ新株予約権を行使できない転換制限条項を付ける。2019年1月22日までは、米ドル換算した同行普通株式の終値が、直前四半期の最終の20連続取引日に転換価格の130%を超えていた場合のみ、次の四半期に権利を行使できるようにし、株式の希薄化を一定程度抑制する。

新株予約権を行使できる期間は5月6日から19年4月8日まで。転換価格を決める時期は未定。

同時に700万株(自社株を除く発行済み株式総数の4.11%)、35億円を上限に自社株を取得することも発表した。4月3日朝の立会外取引で取得する予定。自社株の取得には手元の資金を充当する予定で、CBによる米ドル建ての資金は充当しないとしている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン