懐中電灯にもなる目覚まし時計 セイコー

2013/5/2付
保存
共有
印刷
その他

セイコーホールディングス(8050)傘下のセイコークロック(東京・江東)は、発光ダイオード(LED)ライトを搭載したデジタル電波目覚まし時計「SQ765W」を発売した。時計の本体の片側にライトが付いており、懐中電灯としても使える。ベッドサイドや玄関など非常時に備えて設置する需要を見込む。

大きさは縦5センチメートル、横17センチ、奥行き5センチで、重量は約180グラム。懐中電灯として使用した時に握りやすいようにシンプルなデザインを取り入れた。LEDの明るさは2段階で切り替えられる。LEDライトの明るさを弱くした状態で約30分間点灯する「スリープタイマー」機能も付けた。

希望小売価格は4200円。全国の時計販売店やホームセンターなどで取り扱う。年間2万個の販売を目指す。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]