2019年1月17日(木)

1~3月期設備投資7.4%増 法人企業統計 4四半期連続プラス

2014/6/2付
保存
共有
印刷
その他

財務省が2日発表した1~3月期の法人企業統計によると、金融業と保険業を除く全産業の設備投資は前年同期比7.4%増の12兆2307億円で、4四半期連続のプラスだった。伸び率は2013年10~12月期の4.0%増から拡大し、12年4~6月期(7.7%増)以来、7四半期ぶりの高さとなった。非製造業で引き続き設備投資が活発なうえ、製造業でも輸送用機械を中心に回復が目立った。

設備投資の産業別の投資動向をみると、製造業は6.8%増と2四半期連続で増加した。新型車対応で設備を増強した輸送用機械や、飲料関連の生産ラインを増強した食料品などの伸びが寄与した。非製造業は7.7%増と、4四半期連続で増えた。オフィスビルなどへの投資が増えた建設業や、大型商業施設の新規出店や空港ターミナルビル拡張などがあった不動産業の増加が目立った。

国内総生産(GDP)改定値を算出する基礎となり注目度が高いソフトウエアを除く全産業の設備投資は、季節調整して前期と比べると3.1%増と4四半期連続のプラスだった。

全産業の売上高は前年同期比5.6%増の345兆3293億円と、3四半期連続で増えた。製造業は5.8%増。輸送用機械や化学、食料品などが増えた。非製造業は5.6%増。建設業や卸売業、小売業が増加した。

経常利益は20.2%増の17兆4552億円と、9四半期連続で増えた。製造業は5.4%増。住宅向け建材設備や太陽光発電資材が好調だった金属製品のほか、コスト削減や円安効果が浸透した電気機械などが伸びた。非製造業は28.2%増。公共工事や戸建て需要の増加などで建設業が伸長したほか、4月からの消費増税を前に自動車や建材などを扱う卸売業の好調が目立った。

財務省は今回の調査結果を踏まえ、設備投資の回復や企業の業績改善が続いていることから「景気は緩やかな回復基調が続いている」との見方を示している。

同統計は資本金1000万円以上の企業の収益や投資動向を集計。今回の結果は内閣府が9日に発表する1~3月期のGDP改定値に反映される。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報