菅首相、年金改革「幅広く検討」 従来案に固執せず

2011/2/2付
共有
保存
印刷
その他

衆院予算委員会で質問に答える菅直人首相(2日)

衆院予算委員会で質問に答える菅直人首相(2日)

 菅直人首相は2日午前の衆院予算委員会で、年金制度改革について「4月に提示するものに(従来の民主党案を)そのままスライドするのではなく、幅広く検討していきたい」と述べた。民主党はマニフェスト(政権公約)で全額税方式の「最低保障年金」を創設する案を掲げてきたが、具体化に向けて同案に固執しない姿勢を示した。

 与謝野馨経済財政相は首相答弁に先立ち「公明党案も民主党案も全て良い案という前提で、全部聞くところからスタートする。虚心坦懐(たんかい)に全ての意見を聞き、案を策定する」と説明した。

 公明党の石井啓一氏に対する答弁。〔日経QUICKニュース〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

民主党年金改革予算委員会

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 24日 21:30
23日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報