/

首相、消費税「社会保障にしか使わない」「国の信認維持する」

安倍晋三首相は1日夕に首相官邸で開いた記者会見で、「消費税で安定した財源を確保し、社会保障を強化維持していく」と強調した。その上で消費税の増税分について「社会保障にしか使わない」との方針を示した。

今後についても「歳出の無駄は削減し、国の信認を維持する」と述べた。その上で「海外や市場からの信認が損なわれれば日本国民の生活に深刻な影響が出る」として財政再建の重要性を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン