ミクシィ、今期26億円の最終赤字に 役員報酬を最大100%減額

2013/10/1付
保存
共有
印刷
その他

ミクシィは1日、2014年3月期の連結最終損益が26億円の赤字(前期は16億円の黒字)になりそうだと発表した。従来は5億円~11億円の黒字と予想していたが、一転赤字見通しとなる。スマートフォン用ゲームの課金売上高が計画を下回っているため、下方修正した。繰り延べ税金資産を6億6900万円取り崩すことも損益悪化につながる。

期末配当について12円との計画を無配に変更し、年間配当も見送る。業績悪化の責任を明確にするため、取締役(除く社外)の月額報酬を13年10月~14年3月までの6カ月間、20~100%減額することも発表した。

14年3月期の売上高は前期比37%減の80億円の見通し。広告事業も低迷中で従来予想(120億~135億円)から大幅に下方修正する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]