前原経財相、日銀の外債購入「金融緩和の有力材料」

2012/10/1 22:56
保存
共有
印刷
その他

前原誠司経済財政・国家戦略相は1日夜の内閣府での就任記者会見で、日銀に対しては「私がこの立場についた以上は、日銀が本当に2月14日の政策目標を実行する気構えがあるのかどうかということを厳しく見ながら、しっかりと対応を促すような発言をしていきたい。また発言のみならず、それが実行するように主体的に取り組んでいきたい」と述べ、消費者物価指数(CPI)上昇率1%の達成に向けたさらなる取り組みを促した。

日銀の外債購入に関しても「いろんな立場の方がいるが、金融緩和を進めていく上での有力な材料の1つだ」と明言した。

為替相場の動向に関して「行き過ぎた円高を是正していかなければ日本のものづくりは成り立たない」と指摘した上で、「いまの円高水準は行き過ぎている」と警戒感を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

新閣僚の声

関連キーワード

電子版トップ



[PR]