/

ソフトバンク社長「テザリング開始、12月15日に前倒し」

ソフトバンクの孫正義社長は1日に記者会見し、同業のイー・アクセス統合を受けて、同社主力のスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「iPhone(アイフォーン)5」向けに提供するテザリングの開始を12月15日に前倒しすると発表した。従来予定の2013年1月15日から1カ月の前倒しになった。

経営統合発表の記者会見で握手するソフトバンクの孫社長(左)とイー・アクセスの千本会長

経営統合発表の記者会見で握手するソフトバンクの孫社長(左)とイー・アクセスの千本会長

テザリングはスマホを経由してパソコンなどの外部機器をインターネットに接続できる機能で、KDDIは既にiPhone5向けに開始している。孫社長は「この時期にイーアクセスとの統合を決めた背景にはテザリング(によってネットワークが混雑する可能性)があった」と明らかにした。

同時に通信量が月間1.2ギガバイトを超える利用者に対して通信速度を制限する可能性があるとしていたが、今後は3日間あたり1ギガバイトを超える利用者に制限するように基準を緩和することも発表した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン