/

マクドナルド社長「13年度に110店を戦略的閉鎖」

日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸会長兼社長は1日、今後の成長戦略について「2013年度に110店舗を戦略的に閉鎖する」と明らかにした。閉鎖にかかる費用は14億円で12年12月期決算に計上する。同社が展開する約3300店舗のうち売り上げ規模が小さかったり、すべてのメニューを提供できなかったりする店舗約1200のうちから閉鎖対象を選ぶ。残る店舗についても今後は売り上げの伸び率が高いドライブスルーへの転換などを進める。転換を含む見直しにかかる期間については「3年で入れ替えるのは非現実的だと思っている」とし、ある程度の年数をかけて進めていく見方を示した。現在17店舗で実験しているハンバーガーなどの宅配サービスも拡大すると表明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン