経財相、医薬品ネット販売「安全性と利便性の最大公約数で」

2013/11/1付
保存
共有
印刷
その他

甘利明経済財政・再生相は1日午前の閣議後の記者会見で、一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売について「安全性を確保しつつ、どう利便性を図っていくか、最大公約数を求めていく作業になる」との見方を示した。「利便性だけに特化すると安全性が犠牲になる場合があるし、安全性にこだわりすぎると利便性が損なわれる」と語った。

今後の調整については「関係閣僚が責任をもって協議する」と強調。協議の実施時期については「来週中にもやらなきゃいけないだろう。いつまでも先延ばしと言うこともいかない」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]