大企業・全産業の設備投資、0.1%増 2014年度計画 日銀短観

2014/4/1付
保存
共有
印刷
その他

日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)によると、14年度の設備投資計画は大企業全産業が前年度実績見込み比0.1%増だった。QUICKがまとめた市場予想の中央値(横ばい)とほぼ同水準だった。景況感は上向くものの、海外経済の先行きへの不透明感が根強く、設備投資への慎重姿勢を残している。13年度実績見込みは3.9%増と、昨年12月の前回調査(4.6%増)から下方修正された。

14年度の収益計画は、大企業全産業の経常利益が前年実績見込み比2.3%減少。売上高は1.1%増える見通し。大企業製造業の輸出売上高は1.4%の増加を見込んでいる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]