/

大企業・全産業の設備投資、5.5%増に上方修正

日銀短観6月調査 13年度計画

日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)によると、2013年度の設備投資計画は大企業全産業が前年度実績比5.5%増だった。QUICKがまとめた市場予想の中央値(3.0%増)を上回った。3月調査の2.0%減から上方修正された。国内景気の回復期待が強まる中で、先送りしていた投資を再開する動きが出ている。12年度実績は2.2%増と、3月の前回調査(5.2%増)から下方修正された。

13年度の収益計画では大企業全産業の経常利益が前年度比8.4%増加。売上高は3.2%増える見通し。大企業製造業の輸出売上高は6.1%の増加を見込む。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン