/

シャープ社長「太陽電池輸出、円高で不可能に」

「売れば売るほど赤字、現地生産が必要」

片山社長は「太陽電池の売り上げが低迷した」と説明(1日、東京都新宿区)

片山社長は「太陽電池の売り上げが低迷した」と説明(1日、東京都新宿区)

シャープの片山幹雄社長は1日、都内で開いた決算説明会で、円高について「ドル、ユーロに対する円高は続く」との見方を示した。欧州で販売する太陽電池について「日本からの輸出は不可能になっている。売れば売るほど赤字になるため地産地消しなければならない」との考えを述べた。また「液晶テレビなどほかの事業でも状況は同じで、現地での生産に切り替えるしかない」と語った。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン