野村、10~12月期は最終黒字178億円
債券部門が回復

2012/2/1付
保存
共有
印刷
その他

野村ホールディングスが1日発表した2011年10~12月期の連結決算米国会計基準)は最終損益が前年同期比33%増の178億円の黒字だった。7~9月期は欧州債務問題を理由に投資家の活動が鈍ったあおりを受け460億円の赤字になったが、債券部門のトレーディング収益が回復し黒字に転換した。

欧州の債務問題に対する警戒感は11年夏以降に色濃くなったものの、四半期ベースで売上高に相当する収益が改善した。「他社がバランスシートの改善をはかる中で、付加価値の高い商品やサービスを提供し収益を拡大している」(中川順子執行役財務統括責任者)という。

10~12月期を事業別収益でみると、7~9月期から回復が目立ったのは法人向け業務を扱うホールセール部門。収益は2.2倍の1761億円に伸びた。個人向けを扱う営業部門、運用のアセット・マネジメント部門が黒字を維持するなか、7~9月期は唯一税引き前損益が赤字だったのがホールセール部門だったが、10~12月期は黒字に転換した。

野村は11年10月、外食大手すかいらーくの株式を米大手買収ファンドのベインキャピタルに譲渡すると発表。株式譲渡は同年11月末までに完了しており、関連した収益はホールセール部門に計上した。すかいらーく株の譲渡がホールセール部門の収益押し上げの一因になった。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]