/

神戸鋼の4~12月期、純利益73%減 通期は最終赤字に転落

神戸製鋼所(5406)が1日発表した2011年4~12月期の連結決算は純利益が前年同期比73%減の125億円だった。鉄鋼原料の価格上昇を販売価格に反映しきれなかったほか、鋼材やアルミ圧延品の販売数量が減少した。投資有価証券評価損特別損失に計上したことも減益要因になった。

売上高は4%増の1兆4095億円。鉄鋼事業は増収だったが、アルミ・銅は前年同期から売り上げが減った。営業利益は31%減の691億円だった。期末配当予想は未定。

併せて2012年3月期の連結業績見通しを下方修正した。売上高は前期比1%増の1兆8700億円で、従来予想を800億円下回る。最終損益は100億円の赤字(前期は529億円の黒字)。従来予想は200億円の黒字だった。最終損益の赤字転落は2009年3月期以来、3期ぶり。記者会見した藤原寛明副社長は「取り巻く環境は一段と厳しさを増している」と述べた。〔日経QUICKニュース〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン