/

携帯5社のショートメッセージ、7月から相互接続を開始

NTTドコモKDDI(au)など携帯電話5社は1日、ショートメッセージサービス(SMS)と呼ばれる簡易メールの相互接続を7月13日から開始すると発表した。

SMSは送信する相手の電話番号をアドレス代わりに使うサービスで、従来は同じ携帯会社の契約者間でしか利用できなかった。相互接続が始まれば、相手のアドレスを知らなくてもメッセージを送ることが可能になる。

対象はドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、沖縄セルラーの5社。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン