1月の税収実績、前年比2.3%減の3兆1714億円

2011/3/1付
保存
共有
印刷
その他

財務省が1日発表した1月の税収実績は、一般会計の合計が前年同月比2.3%減の3兆1714億円だった。2010年4月からの累計は11.3%増の26兆3823億円で、10年度予算(補正後)に対する進捗率は66.5%と「まずまずの進捗」(財務省)という。

項目別にみると、12月に支給された年末賞与の減少などを受け、所得税の源泉分が1兆4958億円と1.3%減少。制度改正に伴い前年同月が増加していた反動で、相続税も35.2%減の987億円だった。

たばこ税は0.7%減の764億円。10月からのたばこ増税に伴う駆け込み需要の反動減が響き、3カ月連続で減少した。財務省は「数量の落ち込みは改善しており、2月の税収はもう少し上がるのではないか」とみている。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]