/

太陽電池市場、日本が金額で首位に 米IHS調査

米IHSは、金額ベースの太陽電池市場規模で、2013年に日本が首位になるとの見通しを発表した。2009~2012年に首位だったドイツは3位に後退。2位は中国である。

2013年に日本が金額ベースの太陽電池市場で首位に(資料:米IHS)

IHSによると、2012年7月に始まった固定価格買い取り制度の影響で、日本には2013年第1四半期に1.5GW(ギガ・ワット)相当の太陽光発電システムが導入された。前年同期の0.4GWに対して大幅な伸びを示しており、この勢いは今後も続く見通しだという。

その結果、2013年の日本の金額ベースの市場規模は200億米ドルになるとした。これは、2012年の110億米ドルに比べて82%増の金額だ。日本の金額ベースのシェアは、2012年の14%から、2013年には24%に高まる。

日本が首位になるのは、固定価格買い取り制度の影響だけでなはないようだ。IHSは、日本での太陽光発電システムの価格が高いことも金額ベースで首位になる要因とした。日本は住宅など小規模施設の割合が高いため、大規模施設の割合が高い他地域と比べ、ワット単価が高くなる傾向にある。

なお、導入量ベースの場合、1位中国、2位日本、3位ドイツの順になる。

(日経エレクトロニクス 河合基伸)

[Tech-On! 2013年5月31日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン