/

この記事は会員限定です

がん、糖尿病に効果 「コーヒーで健康」のウソ・ホント

[有料会員限定]

かつては「発がんリスクを高める」ともいわれた珈琲(コーヒー)。現在、その評価が変わってきている。

珈琲の機能性について研究が始まったのは1960年代。黒く焼け焦げた食品の発がん性が問題視され始め、豆を焙煎している珈琲も発がんリスクについての研究報告が公表され、話題になった。

だが90年代以降、状況が変わった。珈琲愛飲家にはたばこをたしなむ人も多かったため、たばこの影響を排除した精度の高い調査が行わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2643文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン