菅首相と小沢氏、一騎打ちへ ともに代表選出馬表明

2010/8/31付
保存
共有
印刷
その他

民主党代表選をめぐり菅直人首相と小沢一郎前幹事長が31日夕、党本部で会談した。全面対立の回避に向けた協議は決裂し、9月1日告示の代表選は首相と小沢氏の一騎打ちの構図となる。両氏は会談後、それぞれ記者会見し立候補を表明。14日の投開票に向けて党を二分する激しい選挙戦に突入する。

菅直人首相、民主党の小沢一郎前幹事長

小沢氏は会見で「お互いに頑張って、いかなる場合でも力を合わせてやる」と出馬の決意と選挙後の挙党態勢づくりを強調した。首相も「(小沢氏と)選挙で戦って終わった後、協力しようと話した。どういう立場になっても協力していこうと言われた」と記者団に述べた。また「小沢氏から人事の要求はなかった」と述べた。

小沢氏は会談に先立ちこの日昼、仲介役の鳩山氏や輿石東参院議員会長と国会議員会館で会談。鳩山氏は30日夜の首相との協議内容を説明し、出馬見送りを念頭に首相との直接対話を小沢氏に打診したとみられる。小沢氏は枝野幸男幹事長らの交代を求めているとされる。

一方、首相は午後、江田五月前参院議長や岡田克也外相、前原誠司国土交通相ら再選支持派議員と出馬記者会見に備え、政権構想などを打ち合わせた。この中で首相は挙党態勢はしっかり行うとしたが、「人事の取引はしない」と強調。トロイカ体制の意味については「元代表らにいろんな意味で、何かあったら相談するという意味だ」と述べた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]