/

関西・中京「国から独立目指すべき」 橋下知事ら

都構想提唱の3府県2政令市が会合

府県と政令市の二重行政解消による地域活性化を目指す「都構想」を提唱する3府県2政令市が31日、名古屋市内で推進策を探る会合を開いた。橋下徹大阪府知事と大村秀章愛知県知事は、関西や中京地域がアジア地域間の経済競争で生き残るため、将来は国からの「独立」を目指すべきだとの考えを示した。

橋下氏は「アジアの大都市に勝つため、まず『大阪都』を実現した上で、韓国の国内総生産にもう少しで追い付く、(人口)2200万人の『関西州』の単位で独立していくべきだ」と述べた。

大村氏も「国に要請しないとものが動かないようなことをやっていては、日本はたそがれる」と指摘。「投資減税で企業を誘致するため、愛知県と名古屋市で独立していくのが目標」とした。

河村たかし名古屋市長は地方への権限や税財源の移譲が停滞しているとして、改革加速に向け自治体の首長が国会議員を兼職できる仕組みの実現を求めた。大村氏は「知事が県内の大都市の市長を兼ねることで、広域行政を進める手もある」と提案した。

会合では、(1)自治体の課税自主権の強化(2)首都機能のバックアップの役割が果たせるよう、大都市圏の広域行政の強化(3)(政令市)区長の公選制導入―を盛り込んだ宣言を採択した。

このほか篠田昭新潟市長も出席。泉田裕彦新潟県知事は、豪雨災害への対応のため欠席した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン