2019年5月24日(金)

一定の効果はあった釜石の湾口防波堤

(1/3ページ)
2011/3/31付
保存
共有
印刷
その他

三陸海岸沿いのほとんどの集落が原形をとどめない壊滅状態に陥るなかで、岩手県釜石市の釜石港後背地の中心市街地は、アーケードの商店街などの町並みをかろうじて残していた。2009年に完成したばかりの「湾口防波堤」が、津波の軽減に一定の効果を発揮したとみられる。

釜石市大町。釜石港の後背地にある中心市街地だ。津波は建物の2階の高さまで達した形跡が見える。津波は街路を川のように流れたかのよう。倒壊した建物は多いが、元の町並みはうかがえる(写真:日経コンストラクション)

釜石市大町。釜石港の後背地にある中心市街地だ。津波は建物の2階の高さまで達した形跡が見える。津波は街路を川のように流れたかのよう。倒壊した建物は多いが、元の町並みはうかがえる(写真:日経コンストラクション)

釜石湾の湾口防波堤。長さが990mの北堤(写真の左側)と670mの南堤(写真の右側)からなる。中央の開口部にも潜り堤がある。沈下や傾斜などで水没している部分もあるが、崩壊はしていない(写真:日経コンストラクション)

釜石湾の湾口防波堤。長さが990mの北堤(写真の左側)と670mの南堤(写真の右側)からなる。中央の開口部にも潜り堤がある。沈下や傾斜などで水没している部分もあるが、崩壊はしていない(写真:日経コンストラクション)


湾口防波堤は、湾の入り口付近に設ける津波対策の防波堤だ。湾の奥行きと水深で決まる湾の固有周期と共振する津波の襲来を防ぐ。湾の固有周期と共振する周期の津波が来れば、津波が湾奥で増幅するからだ。

釜石湾の湾口防波堤は、1200億円以上の総事業費と約30年の歳月を費やして09年3月に完成した。全国で初めて耐震設計を採用。最大水深63mはギネス記録に認定された。

三陸では釜石港のほか、大船渡港と久慈港に、湾口防波堤がある。ただし、大船渡港の湾口防波堤は完成から40年以上経過し、老朽化に加え耐震性にも問題を抱える。久慈港の湾口防波堤はまだ建設中だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報