/

ディズニー、スター・ウォーズの「ルーカス」買収

15年にも新作上映

【ニューヨーク=共同】米娯楽大手のウォルト・ディズニーは30日、米人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」で知られるジョージ・ルーカス監督が設立した映画会社「ルーカス・フィルム」を40億5千万ドル(約3200億円)で買収すると発表した。

ディズニーはスター・ウォーズシリーズの映画制作やアニメ、キャラクターに関する権利も同時に取得し、ディズニー傘下での制作となるシリーズ最新作「スター・ウォーズ エピソード7」を2015年に上映することを目指す。

ルーカス・フィルムは1971年に設立。これまでスター・ウォーズシリーズのほか「インディ・ジョーンズ」シリーズなどを制作した。ルーカス監督が全株式を保有している。

ルーカス監督は「35年間、進化するスター・ウォーズを見ることが最大の楽しみだった。そして今、スター・ウォーズを新しい世代に手渡す時が来た」と声明を発表。

ディズニーのアイガーCEOは「買収によって、スター・ウォーズとディズニーの独特で他に類を見ない想像力が結び付き、持続的成長を生み出すだろう」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン