/

春日局、実は部下思い? 西本願寺で自筆の手紙

徳川家光の乳母として権勢を誇った春日局が、部下を思いやる意外な一面が分かる手紙が見つかり、浄土真宗本願寺派の本願寺史料研究所(京都市)が30日、発表した。

研究所によると、手紙は1640年、春日局が西本願寺宗主の良如に宛てた直筆(縦約36センチ、横約54センチ)。自分に仕える医師の母親が西本願寺にいると知った春日局が、自ら筆を執って良如に、「(部下を)母親に会わせ、西本願寺で奉公させてもらえたら大変ありがたい」と頼んでいる。

手紙は今年10月、研究所の保管史料から大喜直彦上級研究員が発見。大喜氏は「大奥を取り仕切り周囲から恐れられた春日局が、部下のためにわざわざ手紙を書いたとは意外。彼女の優しさや母性が垣間見える貴重な史料だ」としている。

また研究所は同日、「忠臣蔵」の敵役で知られる吉良上野介とその父親、祖父の3人が西本願寺に宛てた書状計6通を発見したと発表した。吉良3代の書状の現存数は少なく、一括所蔵されているのも珍しいという。

吉良上野介の書状は4通。うち30代の時に書かれた1通には、実娘の結婚にご祝儀をくれた西本願寺へのお礼が記されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン