/

この記事は会員限定です

改善アイデアもたっぷり アヲハタジャム工場

[有料会員限定]
 業務改善活動を促すための基準を設定しても、どんな行動を取れば会社の業績につながる成果を出せるか理解しにくいようでは、現場の改善意欲は引き出せない。それがノルマのように感じられる基準ならなおさらだ。低糖度ジャムメーカー最大手であるアヲハタのジャム工場(広島県竹原市)は、現場が改善活動に取り組みたくなるKPI(重要業績評価指標)を設定。2006年に74件だった改善提案件数が、2010年には563件に拡大した。この4年間で、1人当たり生産出来高を26%増やすと同時に、大きな作業ミスを年10件程度からほぼゼロにできている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3000文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン