/

知ってる? エレベーター&応接室の席次と案内のポイント

どの席が上座でどの席が下座かといった「席次」のルールは、応接室の案内やお茶の出し方など、来客応対のすべてにかかわる基本。しっかり覚えておきましょう。

応接室や会議室の場合、席次の基本は、「部屋の入り口から一番遠くの席」が最上席ということ。判断に迷ったときは、いすの形や、絵画などの飾り物との位置関係(それが正面に見える席が上座)を参考に。

奥が上座で、最上席は中央の奥。操作盤前が末席

「エレベーター」は人数により案内のマナーが違う

エレベーターは案内する人数により乗り方のマナーが違う。相手が1人の場合はドアを開けたまま、先に乗ってもらう。相手が複数の場合は「失礼します」と一声かけた上で先に乗り、操作盤のところでドアを開けて案内する。エレベーターでは奥が上座で(最上席は中央の奥)、操作盤近くが末席(右の図参照)。エレベーター内では来客に背を向けないように注意。出るときは、いずれも中からドアを開けたまま、来客に先に出てもらう。

客が1人のときは先に案内(この記事のイラスト=谷本ヨーコ)
客が多数のときは先に入って待つ

エレベーターの見送りはホールまで

来客が帰る際には、基本的にエレベーターホールまで見送る。エレベーターホールに案内する間に、「本日はお足元の悪い中、お越しいただきありがとうございます」のような、印象に残る一言を添えるといい。

上司と一緒に見送る場合は、少し先回りしてエレベーターのボタンを押す。エレベーターに来客が乗り込んだら、「ありがとうございました」とお礼を言って頭を下げ、扉が閉まり切るまで頭を下げている。

【こんなときどうする?】社内のエレベーターホールで上司と一緒になった…
基本は来客応対と同じ。上司が1人の場合は先に乗ってもらい、上司が複数の場合は「お先に失礼します」と言って先に入って扉を開けて待つ。降りる階を聞いてボタンを押し、出るときには上司を先に通し、自分は最後に出る

応接室は入り口から最も遠くが上座

応接室や会議室では、基本は「入り口から最も遠い席」が上座。迷う場合は「長いすが上座、ひじ掛けいすが下座、絵がかけてある場合はその正面が上座」などを目安に。「本来は上座の位置ではない席を、眺めがいいなどの理由で上座として案内する場合は、その旨、相手に説明を」(JALアカデミー 常務執行役員チーフインストラクターの笠井玲子さん)。また、オフィスの一角にある応接コーナーでは、職場のデスクから遠いほうが上座に当たるので注意。

入り口から一番遠くの席が上座
いすの種類では、長いす→ひじ掛けいす→ひじ掛けのないいすの順になる
職場の机と応接スペースが隣接している場合は職場から遠いほうが上座となる

この人に聞きました
笠井玲子(かさい・れいこ)
JALアカデミー 常務執行役員チーフインストラクター。日本航空客室乗務員を経て、5500社のビジネスコミュニケーション研修や公開講座の総合プロデュースに携わる。著書に『JALキャビンアテンダントのいきいきマナー講座』(共著、日本能率協会マネジメントセンター)など

(日経WOMAN 市川史樹)

[日経WOMAN別冊『仕事で差がつく☆マナー&女子力アップ術』(2010年4月発行)を基に再構成]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン