シリア内戦で政権側が挽回 米欧の対応難しく  本社コラムニスト 脇祐三

(1/2ページ)
2013/8/1 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シリア内戦でアサド政権側が巻き返している。レバノンのシーア派組織ヒズボラが政権側に加勢する一方、反体制勢力同士の抗争が激しくなったからだ。米欧は過激派に渡るのを警戒して反体制側への武器供与をためらう。対応の手詰まり感は強い。

シリア政府軍は7月28日、反体制勢力の拠点になっていた中部の主要都市ホムスの市街地を奪還した。奪還作戦にはイランの影響下にあるヒズボラの戦闘員も加わったという。ヒズボラの介…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

池上彰の教養講座

関連記事

電子版トップ



[PR]