2019年7月20日(土)

米アマゾン、購入済み「書籍」の電子版を格安提供へ

2013/10/30付
保存
共有
印刷
その他

米アマゾンは現地時間2013年10月29日、同社で印刷書籍を購入した顧客が同じタイトルの電子書籍を低価格で購入できる新サービス「Kindle MatchBook」を開始したと発表した。サービス開始に合わせて7万タイトルの印刷書籍が対象になっており、タイトル数は今後順次増えていくとしている。

米Amazon.comの新サービス「Kindle MatchBook」

Kindle MatchBookは同社が2013年9月3日に発表していたサービス。同社で対象の印刷書籍を購入すると、そのKindle版電子書籍を、2.99ドル、1.99ドル、0.99ドル、あるいは無料で入手できるようになる。印刷書籍は顧客が新たに購入したものだけでなく、同社が書籍のオンライン販売を始めた1995年以降に購入したものも対象となる。

これらの電子書籍はアマゾンで販売している通常のKindle版電子書籍と同様に、アマゾンの電子書籍端末/タブレット端末「Kindle」シリーズや、Android、iOSなどのスマートフォン(スマホ)/タブレット端末、パソコンなどで読むことができる。Kindleコンテンツ対応端末間でブックマークなどを共有する同期機能「Whispersync」も利用可能。対象書籍はサービスの専用ページで一覧したり、検索したりできるほか、書籍の詳細ページにある「Kindle MatchBook」のアイコンでも確認できる。

アマゾンは当初1万タイトルで同サービスを開始する予定だったが、その後参加出版社の数が増え、7万タイトルでスタートを切ることになった。2013年10月30日時点では、米HarperCollins Publishers、英Macmillan Publishers、米Houghton Mifflin Harcourtのほか、アマゾン傘下のAmazon Publishingなどの書籍がそろっている。

[ITpro 2013年10月30日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。