「48時間以内にゲームを1本作る」イベントの狙い
ゲームジャーナリスト 新 清士

(1/3ページ)
2010/12/1付
保存
共有
印刷
その他

「48時間以内にお題に合わせてゲームを1本作れ」――。こんなイベントが、国際ゲーム開発者協会(IGDA)の主催で2011年1月末に開催される。今回が3回目。日本からも東京工科大学が中心となり、国の支援を受けて参加の準備を進めている。この「Global Game Jam(GGJ)」というイベントにはどんな狙いがあるのか。

来年1月28~30日に開催されるGGJは、3日間のうち48時間を使って何らかのゲームを1本完成させるという世界同時開催イベントだ。出場条件は特になく、インターネットを利用して世界から自由に参加することができる。今年1月に開催されたGGJには、世界139地域から4000人以上が参加し、900以上のゲームが開発された。完成したゲームはイベント終了後にGGJのサイトにアップロードされ、お互いに成果を評価し合う。

プロの開発者も参加

「Global Game Jam」の公式サイト画面

「Global Game Jam」の公式サイト画面

参加者は回を重ねるごとに増えており、ゲーム関係の講座を持つ大学のほか、海外の大手スタジオで働くプロのゲーム開発者も数多く出場している。それはこのイベントが、ゲーム開発の世界に近年浸透し始めた「ラピッドプロトタイピング」という新しい考え方を実践する格好の場になっているためだ。

48時間という短い制限時間で、1本のゲームを作り上げるのは容易ではない。開発者のスキルを測ったうえで、作ることができるゲームの企画と仕様を決め、それなりに遊べるゲームにしなければならない。

そのために、「アジャイルソフトウエア開発手法」と呼ばれる方法を使う。これは、計画から要件定義、設計、実装(コーディング)、テストまでの一連のソフト開発の流れを1週間から1カ月程度の短期間で行う方法だ。その開発結果をすぐに評価して改善するプロセスを繰り返すことで短期間にソフトの質を高めることができる。

また、アイデアの質を検証するのも容易になり、あまりよくないアイデアであれば積極的に捨てて、別のアイデアを同じような短期間で開発して試すことができる。欧米圏のゲーム開発では、この5年あまりの間に小さな独立系企業と大規模プロジェクトの両方で一気に普及しつつある。

GGJは、この手法に48時間という極端な時間制限を付けることで、開発者の技能をギリギリまで引き出そうとしている。プロにとっては、絶好の腕試しの機会というわけである。

ラピッドプロトタイピングを実践教育

このイベントを目標にした実験的な教育プログラムが日本で進んでいる。東京工科大学を中心とした「ゲーム産業における実践的OJT/OFF-JT体感型教育プログラム」というプロジェクトで、文部科学省が今年度予算で公募した「産学連携による実践型人材育成事業 専門人材の基盤的教育推進プログラム」という助成事業に選ばれた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]