/

就職内定率が大幅改善 大学生の5月、民間まとめ

就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)は30日、2014年3月卒業予定の大学生の就職内定率が、5月1日時点で前年同時期より8.6ポイント上昇の39.3%と、大幅に改善したと発表した。

大学生の就職活動は、4月から面接などの選考が始まり、大企業を中心に採用内定が出ている。リクルートキャリアは「優秀な学生には例年よりいち早く内定を出し、人材を確保したいという傾向が進んでいる」と分析している。

内訳をみると、文系は9.6ポイント増の36.7%で、理系は6.8ポイント増の45.1%だった。男女別では、男子が7.5ポイント増の41.4%、女子は10.0ポイント上昇の36.8%と、女子の伸びが目立つ。

採用内定を得た学生に数を聞くと、「2社」が21.8%、「3社以上」が22.8%で、4割以上が複数の会社から内定をもらっていた。

内定率は、就職を希望する学生のうち内定を取得した人の割合。調査は5月2日から13日にかけてインターネットを利用して実施し、大学生3163人が回答した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン