2017年12月15日(金)

「粒子モデルで暴落予測」 高安美佐子・東京工業大准教授

2014/1/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 市場の価格の値動きを自然科学の方法で観察すると何がわかるのか。相場の過熱感といった感覚はこれまでベテランの市場関係者の経験知と考えられてきたが、物理学の分析手法を用いると定量的にわかる可能性が出てきた。物理学者で市場の価格の動きを研究する東京工業大学の高安美佐子准教授に聞いた。

 ――価格データを使ってどんな研究をしていますか。

 「ティックデータ(約定ごとの最小の値動き)を分析すると、価格の動きは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報