/

この記事は会員限定です

「機械的な投機はせず」 竹田和平・竹田製菓社長

[有料会員限定]

市場にテクノロジーが浸透する中でどう投資に挑んだらよいのか。「日本一の個人投資家」として知られる竹田製菓の竹田和平社長に聞いた。

――大株主としての保有銘柄数が個人として日本一ですが、投資に科学技術が浸透する現状をどうみますか。

「私はワープロも人に頼んで打ってもらっている状況で、ハイテクの運用とは無縁です。インターネット取引や先物取引などテクノロジーを活用したスピードを武器にした投資手法が広がる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン