/

防衛次官「沖縄の心傷つけた」 知事に謝罪

不適切発言で

中江公人防衛事務次官は30日、沖縄県庁で仲井真弘多知事と会談し、更迭した田中聡前沖縄防衛局長の不適切発言について「沖縄の皆さまの心を深く傷つけた。心よりおわび申し上げたい」と謝罪した。知事は「極めて残念だ」と述べた。

中江氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「従来の方針に沿って、より一層、誠心誠意、進めていきたい」と理解を求めた。仲井真知事は「信頼関係の回復は簡単ではない」と突き放した。

中江氏は会談終了後、記者団に「県全体として大きな負担軽減につながる」と、普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設を進める考えを強調。進展に向け、環境影響評価書の年内提出に言及した。

仲井真知事は記者団に「信頼関係があったとしても、かなりぶち壊された。(評価書提出の)作業だけは強引に進めたいというのは、いかがなものか」と政府の動きに反発した。

会談は15分の予定だったが、5分程度で終了した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません