初のネット選挙は「肩すかし」 候補者サイト閲覧は1%
グーグル日本法人などがビッグデータ解析

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2013/7/30 16:37
保存
共有
印刷
その他

検索大手の米グーグルの日本法人は30日、参院選における有権者の投票行動とネットやテレビの閲覧状況との関連性調査の結果(速報値)を発表した。政党や候補者のホームページを選挙前に訪問した人の比率は、最も高い自民党でも1.18%にとどまり、他の政党では軒並み1%を大きく下回った。初めてのネット選挙に対して「盛り上がりに欠けた」という指摘が相次いでいる。共同で調査にあたった慶応義塾大学の曽根泰教教授は「…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]