2017年12月13日(水)

シェール革命で過不足する原料 次は「石炭革命」か

(1/3ページ)
2013/11/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 シェール革命は、石油や天然ガスを原料とする樹脂(プラスチック)などの価格に大きな影響を与える可能性がある。前回は、最も基本的な化学原料であるエチレンの価格が、生産能力の急拡大によって低下する一方、タイヤに使う合成ゴムの主原料であるブタジエンなど、不足が予測される原料もあることを指摘した。特集「シェール革命の真実」の第4回では、前回に引き続き、シェール革命の化学工業への影響を具体的に見ていこう。

 …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

シェール革命の真実


日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報