/

この記事は会員限定です

シェール革命で過不足する原料 次は「石炭革命」か

[有料会員限定]
 シェール革命は、石油や天然ガスを原料とする樹脂(プラスチック)などの価格に大きな影響を与える可能性がある。前回は、最も基本的な化学原料であるエチレンの価格が、生産能力の急拡大によって低下する一方、タイヤに使う合成ゴムの主原料であるブタジエンなど、不足が予測される原料もあることを指摘した。特集「シェール革命の真実」の第4回では、前回に引き続き、シェール革命の化学工業への影響を具体的に見ていこう。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2169文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン