日航がくまモン機内食 熊本グルメ提供

2013/5/30付
保存
共有
印刷
その他

日航が熊本の食材で「くまモン機内食」(テレビ東京)

日航が熊本の食材で「くまモン機内食」(テレビ東京)

日本航空は30日、熊本県のご当地グルメを使った機内食を地元の人気キャラクターにちなんで「AIRくまモン」と名付け、6月1日から欧米路線のプレミアムエコノミーとエコノミークラスで提供すると発表した。本物志向の料理を紹介する機内食「AIRシリーズ」の一環で、地方自治体との協力は初めて。

日航の機内食「AIRくまモン」をアピールする熊本県の人気キャラクター「くまモン」(30日、東京都大田区)=共同

日航の機内食「AIRくまモン」をアピールする熊本県の人気キャラクター「くまモン」(30日、東京都大田区)=共同

AIRくまモンは、春雨スープに野菜などを入れた熊本県を代表する麺料理「太平燕(タイピーエン)」が中心。熊本市の老舗中華料理店が監修して機内食向けに仕立て、パッケージのデザインにくまモンを採用した。8月31日まで実施する。

東京都内の記者会見に駆け付けた熊本県の小野泰輔副知事は「熊本のおいしい食品を機内で味わっていただき、世界にアピールできればと期待している」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]