/

この記事は会員限定です

「親友」はネットの中に 危うい10代の信頼感

ソーシャル新人類の不夜城(4)

[有料会員限定]
ITpro
ネットで知り合い、会ったこともない他人が「親友」や「恋人」に――。ソーシャルメディアの普及が、子どもたちの「つながり」の姿を急速に変えつつある。10代の子どもたちは、ネットで知り合った他人を信頼し、つながりを求めて会いに行く。今やソーシャルメディアは子供たちを吸い寄せる「不夜城」と化した。こうした「スマホネイティブ」世代の実態と危うさ、そして対応するための処方箋を、元小学校教員でITジャーナリストの高橋暁子氏が解説する。今回は、ネット上の「知り合い」を無防備に信じる若者たちの意識を読み解く。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3029文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン