/

この記事は会員限定です

繰り返す「炎上」のなぜ 事件気づかぬ子どもたち

ソーシャル新人類の不夜城(3)

[有料会員限定]
ITpro
「未成年飲酒なう」「アイスケースに入ってみた」――。2013年、Twitter(ツイッター)などのソーシャルメディア上で「炎上」事件が相次いだ。背景には、匿名性と承認欲求に突き動かされ、過激な言動を競い合う若者たちの姿がある。スマートフォン(スマホ)の普及が生んだ「スマホネイティブ」世代の実態と危うさ、そして対応するための処方箋を、元小学校教員でIT(情報技術)ジャーナリストの高橋暁子氏が解説する。今回は、若者世代がソーシャルメディアで「炎上」を繰り返す理由について考える。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4452文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン