/

英BPの阻止作業「失敗」 米の原油流出事故

周辺環境への被害、さらに悪化も

【ニューヨーク=共同】米南部メキシコ湾の原油流出事故で、国際石油資本(メジャー)、英BP社のサトルズ最高執行責任者(COO)は29日、記者会見し、流出阻止に向けた新たな作業が失敗したと述べた。

今月26日に作業を開始した時点では、BPは成功確率を60~70%としていた。生態系など周辺環境への深刻な影響が懸念される「米史上最悪の原油漏れ被害」(オバマ米大統領)が、さらに悪化する可能性も出てきた。

サトルズ氏は、流出阻止作業について「われわれが試している方法の多くは、(現場と同じ)海底1500メートルで試したことがない」と述べ、非常に困難であることを認めた。次の手段として、深海ロボットで流出元の管を切り取り、特製のバルブでふたをする方法を試すとしている。

BPは、流出個所を巨大な鉄の箱で覆ってパイプで原油をくみ出す方法を試したが、効果が上がらず、今月26日から重い泥状の液体を油井に注入し、原油が上昇しない状態にした上で、セメントを流して油井を封鎖する「トップキル」と呼ばれる作業を行っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン