2019年8月25日(日)
トップ > 特集 > ルポ最前線 > 記事

「スタバゼロ県」のSNS選挙 手探り…日本の縮図
ネット選挙 ルポ最前線(上)

(1/2ページ)
2013/7/1 17:00
保存
共有
印刷
その他

民間企業から参院議員宛てにネット選挙対策に関する広告が次々と届いた

民間企業から参院議員宛てにネット選挙対策に関する広告が次々と届いた

無線LANが使いやすく、宿題や仕事をこなすのに居心地のいいスターバックス。近くには有機野菜が売り物の高級スーパー、ホール・フーズ・マーケット。そこに集う米国の若者、大学生たちが2008年、熱狂的に支持したのがオバマ大統領だった。当時、ワシントンDCやニューヨークなど大都市でもっともはやっていた「ブラックベリー」と、勢いの出てきたiPhoneも、多く見かけられた。ネット選挙とスターバックスの親和性は、米国では極めて高かった。

■つぶやき続ける理由

日本では47都道府県のうち唯一、鳥取県にだけスターバックスの店舗がひとつもない。「スターバックスのことを書けば、リツイートされることが多い」との分析があるように、日本でもスターバックスとネットの親和性はある。

その鳥取で昨年からネット選挙解禁を見越してツイッター、フェイスブックなどのSNS利用に取り組んできたのが今回、改選を迎える民主党現職、川上義博氏だ。

「よしひろ君」と名付けた自身のキャラクターでつぶやき、公開討論の模様をユーチューブにアップしてリンクする。「安倍総理とは議場でアイコンタクト」など永田町での話題から、事務所開きのお知らせまで、タブレット端末を持ち歩いてつぶやき続ける。鳥取では共産党新人の岩永尚之氏も積極的にSNSを使う。自民党新人の舞立昇治氏もブログとフェイスブックを始めた。

鳥取で半年間のキャリアを持つ川上氏はネット利用の効果については「正直、わからない」。だが「いったん始めたのだから、続けないとフォロワーが逃げてしまう。つぶやかないと、逆にマイナスになる」とも語る。

日本でのネット政治は2000年、自民党の加藤紘一氏が当時の森喜朗首相に反旗を翻した「加藤の乱」で幕をあけた。SNSのない時代、加藤氏はまだ珍しかったウェブのホームページで音声も交えて情報を発信し、加藤氏を支持する動きはネット掲示板で広がった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。