/

官房長官「極めて遺憾」 中国主席「30万人以上虐殺」

菅義偉官房長官は30日のフジテレビ番組で、中国の習近平国家主席がベルリンでの講演で旧日本軍の南京占領に触れ「30万人以上を虐殺した」と発言したことに関し「人数については様々な意見がある。極めて遺憾だ」と批判した。外務省が29日、在日中国大使館の公使を呼び、抗議したことも明らかにした。

菅氏は番組終了後、都内で記者団に「第三国で中国の指導者が日本の歴史に対してあのような発言をしたのは極めて非生産的だ」と非難。「日本は戦後69年、自由と民主主義、法の支配によって、平和国家として世界の平和に貢献してきていることは多くの国々が認めている」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン