/

この記事は会員限定です

TV放送の3大改革 高精細、個人化で視聴者取り戻せ

[有料会員限定]
 若者を中心とした「テレビ離れ」などが叫ばれるなか、テレビ放送の関係者が、視聴者をテレビに回帰させる三つの改革に取り組み始めた。第1は、「4K」「8K」といった映像のさらなる高精細化。第2は、通信の機能を放送に取り込んで視聴者個人の属性や好みなどに合わせたきめ細やかな情報サービスを実現する「個人(パーソナライズ)化」。第3は、放送と通信の伝送路のIP(Internet Protocol)統合だ。放送は、映像データ量でも機能の上でも大幅に膨らみつつある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り7028文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン