非上場で史上最大の8億ドル調達 サーベイモンキーの"離れ業"
米ITベンチャーがIPOに冷淡なワケ

(1/2ページ)
2013/2/1 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネットを通じたアンケート調査・分析サービスを手掛ける米サーベイモンキー(カリフォルニア州)による巨額の資金調達が注目を集めている。投資ファンドなどから約8億ドル(約720億円)を調達し、未公開ネット企業の調達金額としては過去最大規模を記録した。「上場予備軍」との呼び声も高かった同社の決断の背景からは、米ベンチャー業界の新規株式公開(IPO)への冷淡な視線が透けて見える。

サーベイモンキー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]