パナソニック、ミラーレス・カメラ向けの3D撮影用交換レンズを年内発売へ

2010/7/29付
保存
共有
印刷
その他

図1 ミラーレス・カメラ「LUMIX Gシリーズ」向けである

図1 ミラーレス・カメラ「LUMIX Gシリーズ」向けである

パナソニックは2010年7月28日,ミラーレス・カメラ「LUMIX Gシリーズ」で3次元(3D)撮影を可能にする交換レンズを開発したと発表した(図1)。2010年内を目処に商品化する計画だ(図2)。

都内で開催した3D撮影対応のビデオ・カメラの発表会において,試作品を披露した。ビデオ・カメラ用の3Dコンバージョン・レンズ「VW-CLT1」と同様に,レンズマウント径内に二つのレンズを搭載する。

図3 横から見たところ

図3 横から見たところ

図2 2010年内には商品化へ

図2 2010年内には商品化へ

ただ,対応機種や価格を含め,製品仕様などの詳細は未定とした。公開した試作品は,パンケーキと呼ばれる薄型レンズの形状をしていた(図3)。

(日経エレクトロニクス 久米秀尚)

[Tech-On! 2010年7月29日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]