アップルに食らいつく孫社長、新興国攻略の深謀

(1/3ページ)
2013/10/30 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米アップルが次の飛躍の柱と位置づける新興国戦略を巡って、ソフトバンクの孫正義社長が暗躍している。NTTドコモのiPhone導入で「アップル―ソフトバンク」の蜜月に陰りがみえたかに映ったが、孫社長は得意のM&A(合併・買収)を通じて一気に巻き返しを狙う。その端緒は、アップルが28日発表した7~9月期決算に現れていた。

減益でも手応えつかむクックCEO

「力強い業績だ」。28日に電話経由で開かれたア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]