衆院選、選択のカギ 「民自公大連立」はあるか 編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2012/7/31 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民主、自民、公明3党の合意で消費増税関連法案は成立に向かう。首相の野田佳彦は「決めるべきことを先送りせず、決める時に決める政治。これが最大の政治改革だ」と力むが、迫る衆院選とその後にどう臨むのか、各党の戦略は定まらない。民自公大連立から政界再編まで星雲状態だ。衆参ねじれを抱えた政治の混迷に出口は見えない。

「増税法案が成立したところで民自公3党首が会談し、いつ衆院解散・総選挙をやるか決めればいい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]