Webブラウザー「Chrome」のiOS版が登場

2012/6/30付
保存
共有
印刷
その他

米Google社は2012年6月28日(現地時間)、米国サンフランシスコで開催した開発者向け会議「Google I/O 2012」の基調講演において、同社が開発しているWebブラウザー「Chrome」のiOS版を発表した。同日、Apple社のアプリケーション・ソフトウエア(アプリ)配信基盤「App Store」で公開した。米Apple社の「iPhone」や「iPad」などで無償で利用できる。

iPhone版では、タブ表示画面で特定のタブを左か右にフリックすることで、そのタブを閉じることができる

iPhone版では、タブ表示画面で特定のタブを左か右にフリックすることで、そのタブを閉じることができる

App Storeで公開された「Chrome」

App Storeで公開された「Chrome」

パソコン版Chromeと同じように、URL入力欄に検索語を直接入力することで検索を行うことが可能だ。Googleのアカウントでログインすることで、パソコンなどの他の機器のChromeとブックマークを同期できる。iPhone版では、タブ表示画面で、閉じたいタブの上で左か右へのフリック操作を行うことで、ページが斜めに傾くアニメーションと共にそのタブを閉じることができる。

基調講演では、同社のオンライン・ストレージ「Google Drive」のiOSとChrome OSへの対応も発表した。iOS版Google Driveのアプリも同日、App Storeで公開した。講演では、クラウド側でOCRを自動的に行うことで画像内の文字を検索したり、画像のメタデータを利用して検索を行ったりするデモが披露された。また、Google Driveをオフライン時に利用できるようになったことも明らかにした。

(日経エレクトロニクス 大森敏行)

[Tech-On! 2012年6月29日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]